メガネ・コンタクトレンズ処方

キービジュアル

メガネ処方

メガネをつくる際にはまず眼科を受診

イメージ

「視力が落ちてきた」「メガネが合わなくなった」と思ったときに大切なのは、必ず最初に眼科で検査を受けることです。
視力低下やおかしな見え方が、近視、遠視、乱視、老眼(老視)といった屈折異常によるものなのか、それとも他の目の病気のためなのかは、眼科医でなければ診断できません。メガネをつくる際には、まず眼科へ行き、自身の目の状態をきちんと診察してもらうことが肝心です。もしも目に病気があった場合に、メガネをかければしっかり見えるからと安心していると、治療が手遅れとなって取り返しのつかない事態になる可能性があるからです。
適切な眼科検査も行わないままにメガネを作製・購入することは、とても危険なことなのです。メガネをつくるのは、眼科を受診し、目の病気の有無を確かめてからにしましょう。

当クリニックのメガネ処方

イメージ

メガネの処方にあたって当クリニックでは、目の状態だけでなく、仕事を含む生活背景や年齢、顔貌の個人差などにも配慮いたします。そのため、検眼テストには、少々時間を要しますので、時間に余裕をもってご来院ください。また、現在ご使用中のメガネがありましたら、必ずお持ち願います。

メガネ処方の流れ

  • STEP1

    問診、眼の視診、眼圧検査などの一般検査を行います。

    矢印
  • STEP2

    視力検査を行います。

    矢印
  • STEP3

    メガネの度数に目安がついたら、試し掛けをします。

    矢印
  • STEP4

    処方箋を書きます。

    矢印
  • STEP5

    お好きな眼鏡店に処方箋をお持ちになって、メガネを購入してください。

コンタクトレンズ処方

必ず眼科医の診察を受けてから購入

イメージ

コンタクトレンズは「高度管理医療機器」であり、眼科医に処方してもらう必要があります。コンタクトレンズは目の黒目部分(角膜)に直接、接触するものですから、不適切なレンズを装用したり、間違った使い方をすると、角膜に傷がついたり、酸素が十分に供給されなくなったりして、様々な目の病気に罹る可能性が出てきます。

イメージ

また、コンタクトレンズは目の状態によっては、装用できない方もいらっしゃいます。ドライアイや結膜炎などの患者さんは装用できませんし、目の発育途上にある小学生が装用すると、思わぬ影響が出る可能性があります。
コンタクトレンズをご購入になる際は必ず眼科医の診察を受け、ご自身の目に適したコンタクトレンズを処方してもらい、正しい取り扱い方法の指導を受ける必要があります。

コンタクトレンズ処方の流れ

  • STEP1 問診

    処方にあたっての問診を行い、そもそもコンタクトレンズの使用に適しているかどうか、どんな種類のレンズが適しているかなど、基本的な事項のチェックを行います。

    矢印
  • STEP2 コンタクトレンズを選択

    たくさんの種類のなかから、一番ふさわしいと考えられるコンタクトレンズを選んで処方いたします。

    矢印
  • STEP3 度数の決定

    検査データに照らし合わせながら、最適なコンタクトレンズの度数を決定します。

    矢印
  • STEP4 コンタクトレンズ装用の練習&正しい取り扱い方法のご指導

    近年、レンズの誤った取り扱いによる眼障害が増えていますので、コンタクトレンズの取り扱い方法のご指導も丁寧に行います。

クリニック概要

医院名 あしざわ眼科クリニック
診療科目 043-433-4113
住所 〒 284-0044 千葉県四街道市和良比269-27
TEL JR総武本線 四街道駅 徒歩約10分
休診日 日曜・祝日
診療時間 日・祝
9:00-
12:00
15:00-
18:00
★…手術日

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。